株式会社くさなぎ解体

Kusanagikaitai.co.,ltd.

メニュー

基本中の基本 100万円の使い方

基本中の基本 100万円の使い方

なにか投資を始める時に目処になる金額が100万円くらいなのかな?で考えますと。。。

勿論この100万円は完全に投資として使える事が前提であり、生活費などの収入源は他にあるとしてです。

パチンコを投資として考えると、朝から打ち負ける時は10万円は軽く負けるので5回続けて負けた事を考えれば、100万円中50万円は致命傷ですので資金が100万円しかない場合は1円パチンコか甘デジの確率でしか打てない計算になります。100万円が資金ですとパチンコすら危ないです。

テンピンの麻雀ですと、これも1日半チャン8回打ち負けが込むと下手すると10万円以上負ける可能性があるので5日間負け続けた場合を考えると100万円が資金ですと麻雀もテンピンですと危なく打てない。

競馬に競艇ですと自制し1レース1000円以内か1日を通して1万円しか使わないと決め打ちし出来たらありと言えばありですが、僕は自制できなく競馬で若い頃に破産しそうになった経験がございますので、余程意思が強くない限りお勧めできません。

では株ですと、インカムゲインや優待狙いでしたら実に微笑ましく銀行金利よりは楽しいね、ですが、キャピタル狙いになりますと、僕ならレバレッジは無しで考えると、これだと言うのに100万円いっぱいで買うか(どうせ投資で使うつもりの100万円ですから負けて元々だし損切りを10万下がったら切ると徹底すれば)。

それか何点か買うのでしたら低位株を1000株か10000株で20万円分買い、中低位株を(現東芝か東電クラスの)比較的固そうなの1000株で3~40万円分買い残りは余力でとっておきます。

これですと100万使って年20万円増えたら御の字ですが、投資としては実に退屈な金額であります。低位株ですと飛ぶリスクもありますし、1年間全く動かない場合もありますから株も100万円資金じゃつまらない、となります。

会社を作るにしても、運転資金を考え切り詰めたら20万円で生活出来るな、で、5か月無収入で飛びですから、設備投資なくでき2~3ヶ月後に20万以上の収益が見込める商売でしたら始められます。

 

長々となにが言いたいかと申しますと、資金に対して投資金、リターン、そうして想定どうりに行かない場合の保険金まで考えて始めて投資であり、まずは上手く行った場合から組み立てるのでなく、上手く行かない場合もこれだけ余力があれば、大丈夫、から計画を組み立てると最低でも怪我をする可能性はグンと減ります。

勝つよりもまずは死なないこと、これを心掛けはじめて一つの戦術を組む事が可能になります。

常に分母からの逆算でおおよそのリターンにリスクを計算する事ができます。この分母に対して無理なリターンを求めるから破産があるのです、一番リスクを減らす方法が大きな分母で比例し大きくなった余裕の中でのリターンを得るのが良いのですが、今度は分母が大きくなると金銭感覚的に1度の負けも大きく感じますが、分母が大きければ勝ちも負けも大きくなるのは仕方のない事です。

どうしてある程度の分母になるまで我慢できないのか?成功した事ばかりに目が行くからです。

まずは上手く行かないことのネガティブシンキングをこれでもかと繰り返しますと、さすがにこれはネガ過ぎだろが見えて来ます。

これ重要で、今度はこのさすがにないだろを基準に作戦を組み立てると、さすがにないだろ基準に資金繰りを組み立てておりますから多少のことが起こってもオタ付く事なく対処できるプランになっているはずです。

勝つよりもまずは死なないこと、これを念頭にまずは資金を考えて見てください。

半端な資金ですと大衆娯楽の賭け事でも即破産します。かたーくかたーくでも柔らかく。

 

 

↓↓面白かったらクリックしてね↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村