株式会社くさなぎ解体

Kusanagikaitai.co.,ltd.

メニュー

投機に学ぶ 予算 メソッド X(エックス)で投機を投資に

投機に学ぶ 予算 メソッド X(エックス)で投機を投資に

僕は会社経営についてほとんど触れませんが、会社経営もギャンブルと大して変わらないな、の認識の基に行動しております。

ただブログでほとんど触れないのは会社経営のギャンブルは比較的固いギャンブルなので投機と云う観点から見ますと非常に退屈なものなので、投機と云うより投資になるからほとんど触れないのだと思います。

僕の仕事は小規模の解体工事、リフォームにリノベーション前の解体なので予算も2万円~大きくて150万円の現場の積み重ねです。概ねマンションの内装解体で30万円前後の工事が多いです。

すると何故か見積もりに行く事なく予算が決まる事がほとんどで、創業から98%くらいで見積もりに行くことなくTELで現場のだいたいの状況説明をうけ、これくらいで出来る?と質問をうけて、僕も適当ですから、まぁ出来ると思いますで現場の予算が決まっております。

この辺は会社経営でも一気にギャンブル性を帯びるのですが、ここで効いてくるのが、、、ただ適当と云っても一応計算されていて。

・勝手に出てくる予算(解)割ることの。。。

・僕のメソッド 周りに居る僕を含める何名かは、3人でマンション内装解体なら2日でこれだけ進められる経験に実績、に現場の規模に解体内容の手間を想像し割り算すると3名で3日でイケるな、を予算(解)にぶつけると、軽く赤いな、余裕かな、と見積もり行かないでも、ここからあと5万くらい見てもらえると助かりますぇへへ、なんて交渉もできます。

・⒳、不確定要素 現場ですからなにがあるかわからないですから、なにかあった場合に相談に応じてくれるのかくれないのか?など信頼関係なんかも影響しますが、まぁ小規模ですからなにかあっても軽い赤で済むようでしたら、今後を考えてこちらも黙ってるなど、その都度、変動するエックス的な要素も計算式に入れておくと柔軟な式になります。

 

この予算、目標からの逆算式は、例えば車が欲しいな、で。。。

僕が今欲しい車は1500万円ですから逆算しますと、現在乗ってる車の下取り+こずかい半分+嫁に少しお願い+でも800万くらい足りないで、ならばどうするか?

種銭クルマで喰う気はないから増やすしかないな、いくらで800万増やすには?おのずと買う株も株数も決まって来ます。

そうして不確定要素の⒳も加味し、ワクワクしてくる。。。

1500万の車乗るには会社の年商も足りないなぁ~、会社を大きくするには?この貯金部分をこちらの投資に充ててインカムゲインにして、そうしてそれを担保に銀行に相談して~、⒳な部分はこの辺は獲らぬ狸の皮算用な部分だから気をつけて、なんてやっていると独りで居ても全く暇しません。

そう、未来予想など全くの獲らぬ狸の皮算用なのですが、目標金額から逆算する事により一気に現実味を帯びて来ます。

テンションあがりますね、テンあげです。(女の子が使っていて面白い言葉だなと思いました)

 

かなり客観的に見た自分なりのメソッドを持つ、計算式はスピードを要する場面で非常に有利になります。

例えば簡単なのですと、なにか投資に迷った場合など、単純に資金の3分の1でしたら即動いてみるとかも、計算式と云えば計算式です。

迷いはレスポンスを遅くしますので、数字で出しておくと急場の時に効いてきます。駆けつけ3分の1ルール、でも駆けつけの分母は大きくしておくと安心は増します。

常に資金の流れを把握し自分の足元を見経験を踏まえながら何にでも対応できるメソッドを持つとチャンスを生かすのに有利ですが、考えなしに動いて後悔することもありますが、なんかあっても3分の1だし、更に常に⒳の要素も計算に入れておけば、まぁまぁどうとでもなるでしょう。

かなりいい加減な僕のメソッド、、、あてになりませんね。。。。

 

 

 

↓↓面白かったらクリックしてね↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

Comment

*
*
* (公開されません)