株式会社くさなぎ解体

Kusanagikaitai.co.,ltd.

メニュー

投機行為に学ぶ ノーポジションの安堵に寂しさ 損切り利確後の僕の鉄則

投機行為に学ぶ ノーポジションの安堵に寂しさ 損切り利確後の僕の鉄則

よく株に惚れるな、と申しますがその意味良く分かる気がいたします、、、

一ヶ月半前に当初は100万円でのプラチナ投資から健全に遊ぶつもりが、レバレッジ多めに行かれた所為で投入金は倍の200万になり、いつの間にか原油のカラ売りへとポジは変化し、毎日のように値動きを眺め、ノイズの範囲とは云えその動きに一喜一憂し、まるで恋愛のようにドップリハマっておりました。

この遊びどうしてこんなにハマったかと申しますと、レバレッジが効いていたからでしょう。

僕が100万円から始めるのでしたら、プラチナなら1週間値動き眺めだいたいの低い値からまずは10枚から行き100円下がったら10枚でもう50円下がったら損切りするでしょう。

原油でしたら基本的に1枚で1000円下がったら1枚追加でそこから500円下がったら損切りです。

良く言われる比較的危険な先物取引も100万円に対してほぼほぼ最小単位のこの枚数でしたら健全な気がいたします、と言うかこれしかないような気がいたします。

投資金50万ですと先物はやらない方がよいかもしれません。

 

ですから証券会社は僕のこの健全な思惑の3倍以上をいきなり買い進めた訳で、慎重な割には危険な事は嫌いじゃない僕はここで楽しくなってしまった訳です。

自分じゃきっとこんな荒い買い方はしないと思います、総じて感じていたのは汚いポジションだなぁ~と、でも始めたからには楽しもうと、まぁ楽しんでいた事。。。

で、僕の株をしていた時の鉄則として、そもそもが最初から資金の分配をしているのでその資金を守る必要がなく(守る必要なくと言っても損切りはします)、卵を一つの籠にいれるな、の株式投資における分散投資をする必要がないのでこの資金はこの銘柄一本でと云う考え方なので基本的に1銘柄しか扱わない僕は損切りか利益確定をするとノーポジションになる。

するといきなり寂しくなる、すぐにでもなにか株を保有したい衝動に駆られます。

それは利益が出たら出たで強気になり、損切りでもまたすぐ取り返そうと思ってしまい、とにかくなにかしないとと云う気持ちになり、この焦り、ギャンブルで絶対持ってはいけない感情で必ずと言っていいほど次の勝負負ける事になります。

ですから僕の場合、一勝負ごとに手間ですが必ず一度、証券会社から金を抜き、貯金にいれ一度お金と頭と感情を休ませるようにしております。

そうしてノーポジションの安堵と寂しさのなか、客観的に相場を眺め、またこいつそろそろかな?となりましたら手間ですが、また証券会社に株数から予算に余力分まで見て送金するようにいたします。

これはなかなか有効な手で、送金するの僕は面倒くさがりなので、余程遊びたい銘柄じゃなきゃ動かないので、動いた=負けてでも手を出したい、となります。

 

僕の場合ですが、負けてでもおそらく勝てるだろうから買いたい、となりますと、株に惚れるなと云う方が無理な話でしょう、そもそもがギャンブル大好き、と云うよりギャンブルするために生まれてきたんじゃないかなぁ~なんてほど今回の原油楽しんでいたのですから。。。。

今回の先物では、損切りと云うかたちでいったん手仕舞いしましたが、ここのところ原油を見ながらダウと為替と日経平均は常に横目に入れておりましたので、客観的に分析出来ています。

1570日経平均レバレッジ、僕のもっとも得意とする銘柄僕はこいつの買いとカラ売りでクラウンアスリート現金購入いたしました。なんか面白そうな気はいたしております。

会社興してから忙しくてすっかり忘れてましたが、僕はギャンブルするために生きてたんです。

原油のカラ売りでですね、かなり感は戻ってきましたからね、今回損切り出来たのも良い感じと云えば良い感じです、だって明らかに早い気しますが、自分のルールに徹した訳です。

 

来てますね、27万切って普通の感覚で給料一ヶ月分の金額、至ってクールな状態です。麻雀の神様の阿佐田哲也は言っておりました、賭場に入ったら金は鼻紙以下と思わなければならないと、こう思わないと損切りなんか出来ないですからね、またはすぐ取り返す自信がなければ。。。

 

PS愛しの原油チャート

 

 

 

↓↓面白かったらクリックしてね↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

Comment

*
*
* (公開されません)