株式会社くさなぎ解体

Kusanagikaitai.co.,ltd.

メニュー

損小利大 

損小利大 

投資の基本といたしまして、損は小さく利益は大きく損小利大と言いますが、これを突き詰め如何に小さな投資で大きく稼ぐかこれギャンブルの醍醐味であり、ガチガチの1.5倍に100万円賭けるのも非常にスリリングで楽しくはありますが賭け方としては下策です。

やはり貴重なお金と時間と労力を費やす以上、できたら楽に簡単にノーリスクで10倍から、イヤイヤ1000倍くらい行ってくれると人生楽なんですけど、、、を狙いたいですが。。。

そんな~にうまい話はなく、これはものの考え方として、小さく賭けて大きく勝つには、を考えますと色々考えアイディアを出さねばならなく、これが面倒な人は最初から大きく投資し1.5倍に100万でも1000万でも賭けて大きく抜けば良い、と思います。ただしそれ相応のリスクが付きまといますが。。。

あくまで損小利大とは、ローリスクハイリターンであり非常に都合の良い考え方なのでなかなかそんな上手い話はないですが、儲けて居る人は大体このローリスクハイリターンかローリスクミディアムリターンで儲けて居るような気がいたします。

意外に地道なローリスクローリターンで儲けて居る人はいないような気がします、ただ例外としてローリスクローリターンで儲けるのは超大型で薄利多売ができるととんでもない収益につながる気がしますが、やはりそれには資本が必要です。

 

僕のような庶民上がりの庶民にできること、それはなけなしの100万円くらいからで、できることは、、、と考えると。

なんでもできそうな気がしますし、100万ぽっちじゃ何もできないような気がします。

例えばですが、100万円で買える株と考えると、結構買える株はありますが、じゃあその100万で買った株の利益で食って行けるか?と言うとほぼ絶望的です。

株で100万円ですと、軽いお小遣い稼ぎか、銀行金利よりは100万円をアクティブに動かし遊んでみよう、な感覚ですが、なけなしの100万円ですから本気で勉強しお金の事を考えるように、又はお金を考える癖がつきます。

ある意味ローリスクハイリターンであります、このお金の勉強は3年後くらいから10年後以内に必ず効いてくるはずです。

科学的根拠は全くなく僕の完全なる独断ですがお金の勉強はした分と投資した分は必ず返って来ます。科学的根拠はないですが僕はそう信じてお金のことを考えまくりました。

仕事で100万ですと、100万円で工場は作れませんが、自宅で何かを作り、うまく高値で売る方法やシステムは100万円あればできるかも知れません。

要は自分にいま何があっていま何ができるのか?ないものねだりで考えるのでなく、如何に今あるもので勝負するか、を徹底して考える。

損小利大、いまできることが本を読み知識をつけるしかできなく負け惜しみみたいな気もしますが、多少の時間を割き勉強したことが将来とんでもない利益につながる可能性は、何もしていない者より可能性としては充分あります。

投資はお金だけでなく、時間や知識なんでも投資に成りえます。如何に小さく投資し如何に大きく利益を得るか?

どんな小さな掛け金でも10倍できたら1000倍行ったら大勝ですなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓面白かったらクリックしてね↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

Comment

*
*
* (公開されません)