株式会社くさなぎ解体

Kusanagikaitai.co.,ltd.

メニュー

明日のためのその3 精神論について

明日のためのその3 精神論について

「男ってのは理屈じゃねぇ、オギャアと生まれてからくたばるまで、俺ぁ男だ、俺ぁ男だと、テメーに言い聞かせて生きるもんだ」。天切り松闇語り 浅田次郎著。

 

精神論については賛否両論があると思いますが、僕も精神論には否定的ですが感覚的に最終的な部分では根性で何とかするしかないと考えて生きている部分があります。

ならば根性で株に勝てるのか?女の子おとせるのか?ともなりますが、それらは方法と生理的な問題であり勝つ時は勝つでしょうしおとせる時は女の子は落ちます。その場合大抵僕もその子に落ちておりますが、、、

問題は理屈じゃない。

男ってのは理屈じゃねぇ。いい台詞ですねぇ、地獄単騎ツモって来るのも理屈じゃねぇ、株で大勝ちした時も、女の子落とす時も理屈じゃねぇ。

理屈じゃないならなんなのか?、根性ですよ。

 

力量同じなら根性決めてる方が有利に決まっております。どうしてか?って聞かれても理屈じゃないんですよね。

なにがなんでも勝ってやる。と、まぁねぇ勝てたらいいやねぇ~はやっぱり違うでしょう。

お金の話をするとわかります。なんとなく儲けられたらなって人と絶対儲けるって人とじゃレスポンスの早さが違います。

絶対儲ける人は、もう稼ぐ気満々で最初から腹決めてるから、すぐ行動に移してとにかく手をつけちゃえばこちらのものって感じです。

問題にリスクはこなしながら考えればいい、そうしてチャッチャ稼いで次に行く。付き合っていて気持ちがいいです。

なんとなく儲けられたらなって人は、、、ふふ、口だけの儲け話でその気になっているだけで満足なようです。最近僕の周りにたくさんおります。

なんの覚悟もねえから儲けられそうでも動けない、根性もないからリスクが怖くて一歩も前にでれませんね。

いつもヘラヘラしている僕に勝手に負けたと思っているのか、ケチな儲け話持ってきて虚勢を張るようです。

大丈夫、僕は儲けも好きだけど、自分で儲かる方法を考え実行するのが好きなんです。ケチな(ケチとは金額でなくニュアンスです)儲け話にはあんまり興味はありません。

自分の頭で考え努力しリスクを経て勝つから、勝った時、ホラ、根性だ、と楽しめるんです。

お付き合いしてみて楽して儲けようなんて、稼いでいる人こそ思ってないように感じます。みんな気持ちの良いくらいせっかちで行動が早いです。

行動が早いのは覚悟しているからです。楽して儲けてるようでみんな根性決めているんですよ。破産を含めてね。

 

僕は大好きな、70歳過ぎで現役の大社長がいます。毎週日曜は朝の8時くらいに電話してきてパチンコに行こうと誘ってくれます。

僕が、社長キャバで遊んでたからほとんど寝てないです、と言えば、ガハハおまえはバカじゃの~待ってるから来なさい。とガチャっと電話を切ります。

僕が、社長彼女とホテルです、と言えば、ガハハお前はどうしようもないの~彼女と来なさい、とガチャっと電話を切ります。

このバカな僕をホントに嬉しそうに笑ってくれる大きな社長です。

そんな社長と時々真面目な仕事の話をすると、お前はふざけているけど頑張ってる、もっと頑張りなさいと言ってくれます。

頑張れって安易に人に言っちゃいけないって何かで読んだけど、、、あんなに大きく優しく、頑張りなさいと言われたら、もう仕事に遊びに頑張るしかないんですよね、この辺は理屈じゃないんです。

精神論、賛否両論ありますが僕は精神論は最終的な部分や、正念場で効いてくると考えております。

 

 

PS ルイ・アームストロング 愛称サッチモ WHAT A WONDERFUL WORLD この素晴らしき世界 生きててよかったなって思えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓面白かったらクリックしてね↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

Comment

*
*
* (公開されません)