株式会社くさなぎ解体

Kusanagikaitai.co.,ltd.

メニュー

明日のためのその7 運についての考察

明日のためのその7 運についての考察

ギャンブルと切っても切り離せない概念が運という観念です。

雀聖と云われた麻雀の神様、阿佐田哲也の晩年は本名色川武大著、私の旧約聖書の一説に、私がはじめて旧約聖書を読んだ時、戦慄した、神にではなくこれを作った人間の叡智に、とあります。

この方麻雀の神様なんて割に全く神を信じておりませんね、麻雀の神様が運なんてないと言っているようなもんですね、神が居ないと言っているのですから。

僕も運なんてないと思っております。

この世に起こるランダムな物事に事象、運で片付けるにはもったいないです、そもそも本当のランダムはマグマだか太陽の核分裂以外は法則性があると、何かで読んだ記憶がございますので、本当の意味で読み解けるどうかは別として法則性があるなら読み解こう、こうやって人間は太古から勝ちを拾ってきたのですから。

そう、勝ちを拾いたいなら運任せにしない方が賢明ですね。釣り人の格言におもしろいのがあって、魚を釣るのは実力・大きさは運とありました。

たしかに大きさは釣りあげてみないとわからないから一見、運っぽいですが、大きい魚釣りたいなら僕なら、小魚引っ掛からないように大きな針に仕掛けにします。

逆に小さい仕掛けに大きいの引っ掛かったら引きちぎられて釣りあげられないかもしれません。

運なんてそんなもんです、こちらの仕掛け次第でどうとでも引っ張りあげられます。

 

どうしてこの世に各種保険があるのか?予想外の出来事に対応するからです。もう保険を掛けている人はその時点で運任せにしておりませんね。

人知を尽くして天命を待つ、一理ありますが、人知を尽くして天命を待てる人は天命が来なかった場合の保険に根回しくらいはするでしょう。

へへ、ついてねぇや。。。なんて台詞を吐く人は人知を尽くせませんっ。よって天命も来ませんから、ついてねぇや、なんて台詞がでるのです。

人知を尽くして結果がでたらそれを運だと思うでしょうか?それはどう考えても実力ですよね、運なんてないです神頼みしている暇はございません、欲しい物があるなら自分で取りに行った方が早いし確実です。

 

パチンコは回転数にボーダーライン、スロットなら設定、競馬は難しいけど馬に関わって勝ちたいなら馬主になる、麻雀なら配牌悪かったら降りたらいい、確率に勝ちたいなら勝てる確率の高い方法をとるしかないです。勝てる確率の高い方を選択できないのは実力です。運のせいにしては駄目です。思考の放棄です。

理論値高い方で負けた時、それは所詮は単発の負けでしょう、トータルで勝てる確率が高いから理論値が高いのです。そうして勝つ人はその単発の負けも想定内ですから資金的猶予も残しているのでしょう。運なんかに負ける訳がないのです。

逆に言えば運で勝ってないのです。勝者に対し、へへどうせ運でしょ?なんて失礼です。

ずいぶん前の話ですが、ホリエモンが捕まった時、イェーイって思った人多いんじゃないでしょうか?僕もなんかそう思いました。

でもこれはいけない事だなぁと思い返し、ホリエモンの著書を何冊か読んだらこの考え方とかが本当なら(僕は本を読むときは本に書いている事が本心とか正しいとは思いませんから一定の疑いはかけて本を読んでいます)お金持ちになるよなぁーすごいなぁーと思いました。

人間生きていれば不意の一撃は食らいます、犬も歩けば棒に当たるのですから、これは運の問題なのでしょうか、答えは神の領域です。

わかっているのは実力がある方がトータルで勝ちこむ可能性ははるかに高いです。運も実力のうち、まずは実力ありきの話ですね。

 

PS ザ・スプリームズ 古き良きアメリカ音楽

 

 

↓↓面白かったらクリックしてね↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

Comment

*
*
* (公開されません)