株式会社くさなぎ解体

Kusanagikaitai.co.,ltd.

メニュー

明日のための21 餌はいらねえ

明日のための21 餌はいらねえ

ひねた考え方をすれば餌のある所に罠が仕掛けてあります。

ここで言う餌は過度な便宜に融通に高待遇などを図る代わりに見返りを求められる事、会社にもらう給料は餌ではなく、ご贔屓にしていただくのも餌ではなく、飯を奢ってもらうのもまぁ飯ぐらいなら餌じゃないかな。

微妙なんですが、人に饗応する時は人間何かしらの思惑はありますから自分の好きな人からのおもてなしは受けても良いと感じます。

極端な言い方ですと、ん、ほら、仕事欲しいんだろやるよ、とか、へへ良い儲け話がありやしてね、どうでしょう投資でも、こんなのは餌ですね、、、いらねぇよと。

腹の減ってる時や欲に溺れて居るとつい手を出したくなりますが、トータルで考えると安易に餌に食いつくべきでないと思います。

厳しい言い方ですと、自分で獲物を取れる者は人から貰う必要がありませんから誰に媚びる必要もありません。

どうして餌に手を出さなければならなくなったのか?腹が減っているからです。どうして腹が減ったのか?自分で獲物が取れないからです。

人から餌をもらうとどうなるか?借りを作る訳だから頭が上がらなくなります。(先日僕はブログで借りは作れみたいなこと書きましたが先日の借りと本日の借りは矛盾していますが別物です)

借りを作る、借金ですね。(ここで云う借金はお金でなくニュアンス的な意味での借金)

過去を清算するために借金するほどバカげた事はありません、そのおかげで生きながらえたとしても死に金です。

これをテコ入れにしてレバレッジですね、と考えてもどうでしょう、そもそもが自分で獲物取れないから借金作ったわけですから、レバレッジ分不利な事になりそうな気はします。。。

 

妙案があります。

会社から給料もらうのは餌じゃないです。それは対価を払ってお給料としてもらっているんですから獲物です。ご贔屓にしていただくのもこちらに何かよい物があるからご贔屓にして頂けるのであっそれは努力の賜物ですから獲物です。

なにが言いたいのかと言いますと、こちらも相応のものを払えばそれは自分で獲りに行くのですから、例え餌であっても獲物です。

冒頭でひねた考え方をすれば餌のある所に罠が仕掛けてあります。と書きました。ですから餌だけ獲って罠に嵌らなければ良いんです。

餌を貰って頭が上がらなくなったら無料ですから頭を下げ続けて居れば良いと思います。そうして餌をくれる人を気持ち良くしてあげましょう。すると気持ち良くなってご贔屓にしてくださるでしょう。

あれれ、ご贔屓にしていただくのもこちらに何かよい物があるからご贔屓にして頂けるのであっそれは努力の賜物ですから獲物です。と書きました。いつの間に餌から獲物に変わっております。まぁこう上手く行くとも限らず悔しい思いもするでしょうが、そんな時は余りお勧めしませんが借金だけして踏み倒したら手っ取り早いと思います。

俺に借金させる方が悪いよ、、、と開き直れば、それは借金でも獲物ですね。

 

餌はいらねえ。

大多数の流れる方向に右えならえするもの餌を貰う気がします。そんなこと言っていると嫌われるよ、嫌えばいい。お腹すいてこのままだと飢死しちゃうよ、それならそれで死ねばいい。

とにかく僕は他と同調する気は一切ない、ここに自由がある気がします。

大丈夫、餌はいらねえ、必要な分は自分で獲りに行きますからとすべてを突っぱねて生きるのです。

 

PS ジェイムスディーン 理由なき反抗

経営者ブログ

にほんブログ村

↓↓面白かったらクリックしてね↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

Comment

*
*
* (公開されません)