株式会社くさなぎ解体

Kusanagikaitai.co.,ltd.

メニュー

本当の足の為に総額15万円の軽トラック購入

本当の足の為に総額15万円の軽トラック購入

レクサスのLC500hの納期が差し迫り、どーしても作業着でLCに乗りたくない、吹きさらしの置場にLCを置きたくない。。。

現に一応高級車のクラウン、先日の大雪で雪没。

救出するのも面倒なので僕は家と置場を一週間、トラックで行き帰りし感じたのは最近いたる所がぬかるんでいるので長靴のままトラックに乗り、そのまま汚れた作業着で家に帰れると云うお気楽さ。一応高級車のクラウンではさすがに長靴はまずいし、作業着も汚れくらいは掃って乗りましたがLCには一切の汚れを持ち込みたくない。

さらにLC納車して万が一この雪また食らった事を考えると怖い。

置場に行くまでの足が必要となり大きなトラックで帰るのも、また面倒、そうして足に金をかけたくない。

このままクラウンとLCの二台持ちも贅沢すぎる、、、で仕事でも役に立つ可能性もあるし軽トラだ。となりました。

知り合いにとにかく格安で探してくれと頼んだら、すぐ見つかり今日納車。名義変更はまだなので借りナンバーで知り合いの知り合いの福島の農家の納屋に眠っていたのをわざわざもってきてくれました。

スバルのサンバーと云う軽トラックで550cc、昭和60年式、走行15,000万キロ、車検2年と整備とスタットレス付きで総額15万は安いのか高いのかも調べる気が起きなく、走ればどうでもいい。。。なんか可哀想な感じのする軽トラック。。。

因みに買うと言って車検してもらってからエアコンないのが発覚しましたが、僕もめんどくさがりなので夏の事は夏考えようで、夏場に手放す予感がプンプンします。

あとこのトラックの売りとしてパートタイム4WDらしいのですがどうでもいいです。

エンジンもチョークを引っ張ってからかけるらしく軽く動かして見ましたが雪の停車位置から何度もエンストこいてなかなか運転に慣れるまで時間のかかりそうな車両ですが、なんかレトロで悲しい感じと、この総額15万円と云う安さには愛着が湧きます。

1週間ぶりに救出したクラウンとのツーショット。

もう少ししたらこれがLCと並ぶ事になるのです、その価格差おおよそ100倍、トミカと実車のスケールサイズですら64/1ですから価格差で言うと、もう昔遊んだピンと飛ばすゴムの車くらいの差で、乗ってるときにどう思ってあげれば良いのかわかりません。

年式といい、価格といい可哀想な車がきました、故に面白くすこし気に入っております。

これからデートはこいつで行こうと考えております。

 

↓↓面白かったらクリックしてね↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

Comment

*
*
* (公開されません)