株式会社くさなぎ解体

Kusanagikaitai.co.,ltd.

メニュー

経営的コロナ対策

経営的コロナ対策

儲かる秘訣を一番簡単に考えると、出資より収入が上回れば良いだけです。実に簡単なことなんですがそれが出来てれば苦労しないわけです。

最近飲食店でテイクアウトのぼりが増えていてこれももろにコロナ対策ですが、大半がなにかしないよりはマシ、と言う考えでテイクアウトと言うのを採用しています。

ここでこのテイクアウトでプラスが出るとコロナ対策から始まったテイクアウトという延命措置がいきなり息を吹き返すのですが、なかなかこの制限下ではそれも難しでしょう。

そう致しますと儲けたいのであれば今度は収入以下に出費を減らすしかもう方法はなくこれに成功しますとかなり強い収益の母体とインナーマッスルムキムキの状態になるのですが。

これだけ減収減益の中の収益以下の出費となるともはや戦いの放棄に等しくなるのですがこんな時に効いて来る貯金や融資があればなんとか戦えるのですが、貯金もなく融資も受けられない、なにか収益増えるアイディアないのでしたらもう、厳しいようですが対策の打ちようなく、損切的な概念ですが余計な借金作る前に早々に切り上げて次の再起に向けた方がいいような気がいたします。これもまた経営的コロナ対策ではあります。

サーフィンは自分の乗れない大きな波や乗りたくない波は海に潜ってその波をやり過ごします。

はっきり言うと、今、貯金があり余計なしがらみがないのなら会社など一度潰すか休眠して、本当の意味でコロナが治まったらもう一度会社を興すのが一番いいような気がいたします。雌伏、と考えるとしっくりくるかとおもいます。

もちろんコロナが治まるの前提での話ですが、仮に治まらなくても出費を最小限にストップしているのですからバタバタと周りが潰れて行く中で損害は最小減で食い止めていることになります。

ただこれは貯金があればでなければやはり現状維持などと考えずどうせでしたら稼げる延命を考えられれば、禍を転じて福と為す、さらに今回の禍は100年に一度の禍ですからある意味ここを乗り切るだけでも相当の経験となり、生き残れたら必然的に強くなれるような気がしております。

グッと歯を食いしばり前向きに考えておかないとヤバくなってきましたね、最近おしゃべりしていると今まで強気な人たちもなんとなくですが、弱気な発言が増えたかな?と感じることがあります。

いや、キツイですね、ですが人間なにかしらの対応で生き延びようと必ず動く力がでてきますのでその強い流れにさらに強気でどうせならば、現状維持やこれしかできることがないからではなく、一気に稼げるくらい位のつもりで。

金儲けの一番シンプルな原理は出費より収入が一円でも上回れば儲けであります。

 

↓↓面白かったらクリックしてね↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

Comment

*
*
* (公開されません)